Translate »
  • Chinese(Simplified)
  • English
  • German
  • Italian
  • Korean
  • Russian
  • Thai
デモカー
ジムニーのドレスアップを紹介致します。

タンドラの顔を持つ ジムニーシエラ

2018.03.24

N's01
N’s LIMITEDに新たに仲間入りしたシエラベースの「FULL METAL☆JACKET」。
そのデザインコンセプトは、タンドラの顔を持つジムニーだ。

文:水島 仁/写真:佐久間 清人

アメリカンテイスト漂う「FULL METAL☆JACKET」

“クルマアソビ”をテーマに掲げるエヌズ・ステージ。この言葉の中には、「クルマとクルマを取りまくライフスタイルを総合的にプロデュースする」と言う決意が込められている。

ジムニー新車販売登録台数14年連続一位という輝かしい実績が示す通り、これまで、東北に多くのジムニーユーザーを創出してきた。ジムニーオーナーとなった彼れらには、ジムニー三昧な一日を堪能してもらおうと、毎年「ジムニー祭り」を開催している。

また最近では、代表の矢羽々氏がフィッシングに傾倒。そこから「フィッシングマスター」と呼ぶ釣り仕様のコンプリートカー(ジムニーやエブリイ、ハスラー、デリカD:5)をプロデュース。さらに、自然豊かな北東北で遊んでもらおうと、エブリイフィシングマスターをはじめ、ジムニーそしてキャンピッングカーの「クルマアソビレンタカー」事業もスタートさせた。

そんなエヌズ・ステージの“遊び心”は、クルマ創りにも現れている。

ここでご紹介する「エヌズ・リミテッド FULL METAL☆JACKET」とネーミングされたジムニーシエラは、タンドラをモチーフにデザインが行われた。

フロントグリルやバンパー、ボンネットで、フェイスにアメ車のようなボリューム感を与え、40mmワイドのオーバーフェンダーには、リベット風のデザインを取り入れた。これはブッシュワーカーをイメージしたと言う。ジムニーとタンドラはボディーサイズもデザインもおよそ正反対に位置するクルマのようにも思えるが、その発想と表現の豊かさに驚きを覚えた。

ところで、左ページにあるクローラージムニーだが、深雪の中を走るその姿は、ジムニーの可能性を再認識させてくれた。「モデル末期となったジムニーの凄さを、今だからこそ伝えたかった」と矢羽々氏は語る。

N's10ピックアップトラックに装着されているリアバンパーのステップ部デザインを取り入れたリアバンパー。ルーフラックには、前後ともLEDライトバーを装着。

N's06ピックアップトラック「タンドラ」をモチーフに前後バンパーをはじめ、ブッシュワーカーをイメージした40mmワイドのオーバーフェンダーなどアメリカンテイストが漂う。

N's02_2506 のコピー2.5インチアップコイルを装着し、調整式アームを採用したFサスペンション。

N's03「3インチアップ対応ショック“ファイナリスト”」は間もなくリリース予定。

N's08エヌズ・ステージとフィッシングツールブランド「SOULS」がプロデュースするフィッシングマスター。このシエラにも、ロッドホルダーや休息にも使える床加工が行われてる。「釣り」にこだわる同社らしい創りだ。

N's12「N’s LIMITED FULL METAL☆JACKET」とネーミングされたジムニーは、ジムニー専門店ファッドスターとのコラボ企画。センスが光る!

<スペック表>
車種名:N’s LIMITED FULL METAL☆JACKET
FAD フロントバンパー ¥62,000
FAD フロントグリル ¥37,800
FAD ボンネット 78,000
FAD リアバンパーセット ¥60,000
FAD オーバーフェンダー ¥58,000
オリジナルルーフラック ¥50,000
オリジナル フルLED ヘッドライト ¥48,000
FULL METAL☆JACKET専用デカール
タニグチ スペアタイヤ移動キット  ¥15,000
FAD 2.5インチアップコイル ¥35,000/台
オリジナル3インチアップ対応ショック“ファイナリスト” 近日発売
FADフロント調整式アーム(メッキ)  ¥65,000
FADリアアーム(メッキ)  ¥50,000
RECARO SR-7F LASSIC ¥120,000/脚
RECARO ベースフレーム ジムニー専用 ¥20,000/台
オリジナルインテリアキット
ヒッチメンバー ¥55,000
JAOS BATTLEZxEXマフラー ¥64000
SSR ロンシャン 8.5JX16-25
BFGoodrich マッドテレーン T/A KM2 215/70R16

N's11“リトルモンスター”にクローラーを装着した「JIM TANK」


リア周りにトラック加工が施されたお馴染みのデモカー“ LITTLE MONSTER”にクローラーを装着。膝まで埋まる雪の中を疾走する姿が印象に残っている。たまたま映像で観たクローラーWranglerが発想の原点だとか。「ジムニーの凄さを表現したかった」。これが製作に踏み切った理由でもある。