Translate »
  • Chinese(Simplified)
  • English
  • German
  • Italian
  • Korean
  • Russian
  • Thai
デモカー
ジムニーのドレスアップを紹介致します。

Democar Selection 〜ジムニーJB43&ハスラー

2014.11.30

ns_jim01N’s Limitedにハスラーが仲間入り

万全のサポート体制もエヌズ・ステージならでは!

全14モデルを数えるジムニー新車コンプリート“N’s Limited”
これまでジムニーだけだったはずの“エヌズ・リミテッド”に
ハスラーが新たに4種ラインナップされた
ここでは、ジムニーN’s Limited末弟となる“JB43”と

30mmアップされた“ハスラー”をご紹介しよう

(文章/写真:河村 大)

 

<お問い合わせ>

スズキアリーナ エヌズ・ステージ 盛岡

〒020-0831
岩手県盛岡市三本柳12-19-1
TEL.019-637-3177
http://www.ns-stage.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ns_jim02メイン

N’s Limited(新車コンプリート)は、ジムニー+ハスラーで18種モデルに!!

今年、“N’s Limited” に新たなモデルが加わった。エヌズリミテッドとは、盛岡のスズキアリーナ店「エヌズステージ」が販売する新車カスタムコンプリートカーのこと。これまでもジムニーで13種類ものモデルを設定していたがハスラーにも同じ手法を導入、さらにジムニー“上州仕様”に1300ccのシエラバージョンを追加させ、ラインナップを大きく拡充してきた。

覚えている人もいるかもしれないが、このジムニーシエラ“上州仕様”は2013年のオートサロンにて制作がアナウンスされたもの。前後バンパーやアルミ製スキッドプレート、グリルなどの外装パーツがJAOS製。サスにはタニグチ製3インチアップ”キットを仕込み、RAYSホイールとBFGの大径マッドタイヤを合わせている。価格は現在販売中の「ランドベンチャー」ベースで2,209,680円(M/T車)。新車価格より45万円ほど高くなるが、これらアフターパーツを全て後付けすると部品と工賃で約70万の出費。その差額約25万円分が得になる計算だ。特に外装パーツはユーザーが購入する車体色に合わせてエヌズステージでひとつひとつ塗装/バフがけされ、その他パーツの組み付けチェックやテスト走行が行われた上で納車されるのでお買い得感はかなり高い。さらに、車体にはスズキの新車メーカー保証が、装着パーツにはディーラーの保証(1年)が約束されるので、安心感も高いのだ。

そして今回、このシステムをそのままハスラーに当てはめ、“H2 STYLE” と “OFF ROAD STYLE” という2つのエヌズリミテッドをリリースした。今回ご紹介するのはオフロードスタイルのほう。フロントにオリジナルのチューブバンパーを仕込み、30mmアップのサスに14インチのアルミホイールと少し大きなオフロードタイヤを合わせ、もともとアウトドアテイストの強いハスラーを遊び心タップリに仕立てている。価格は「A」グレードの2WD+5MTをベースにした場合1,304,460円。新車価格に約22.6万円をプラスするだけでこのスタイルが手に入るようになっている。

また、ハマー風オリジナルバンパーを装着する “H2 STYLE” には30mmアップとローダウンスタイルの2モデルが用意されるほか、この “OFF ROAD STYLE” にも50mmアップのデモカーが造られるなど、ハスラーだけでも現時点で4つのスタイルが確認できる。そしてこの取材後間もなく、4インチアップのキットを組み込んだモデルも販売が始まり、ハスラーコンプリートライナップもまだ増えていきそうだ。が、それはまた Youtube映像など で見ていたくことにしよう。いずれにせよ、今回のモデル追加によってさらに賑やかになった「エヌズリミテッド」。またしばらく目が離せそうもない展開だ。

 

シエラ用前後バンパーはエヌズステージがJAOSに制作を持ちかけたコラボ製品だけに、エヌズリミテッドでしか入手できないレアパーツ。もともとデザインの素地は優れていたが白ナンバー用に前後の張り出し量のタガも外れ、ホリが深くなって素晴らしく美しいスタイルに仕上がっている。

シエラ用前後バンパーはエヌズステージがJAOSに制作を持ちかけたコラボ製品だけに、エヌズリミテッドでしか入手できないレアパーツ。もともとデザインの素地は優れていたが白ナンバー用に前後の張り出し量のタガも外れ、ホリが深くなって素晴らしく美しいスタイルに仕上がっている。

アルミホイールは  RAYS の新製品 KC-DEKOR。実はこれまでは鋳造だったが、今後はなんとこの “鍛造アルミ” がエヌズリミテッドのセットになる! 高強度、高剛性なのに4.8kgと軽量。RAYSとはカラーをコラボしており、ベースはリムポリッシュのガンメタだが、その他に赤など数色が選べるようになるという。タイヤはBFGのマッドテレーン。サイズは235/70R16。

アルミホイールは RAYS の新製品 KC-DEKOR。実はこれまでは鋳造だったが、今後はなんとこの “鍛造アルミ” がエヌズリミテッドのセットになる! 高強度、高剛性なのに4.8kgと軽量。RAYSとはカラーをコラボしており、ベースはリムポリッシュのガンメタだが、その他に赤など数色が選べるようになるという。タイヤはBFGのマッドテレーン。サイズは235/70R16。

前後サスはタニグチの「スーパーソルブ3インチアップキット」。調整式ラテラルロッドやキャスター角補正ブッシュも含まれる。アルミスキッドプレートはJAOS製。リアバンパー下部はタニグチのマフラーに合わせて切れ込みがちゃんと追加されている。

前後サスはタニグチの「スーパーソルブ3インチアップキット」。調整式ラテラルロッドやキャスター角補正ブッシュも含まれる。アルミスキッドプレートはJAOS製。リアバンパー下部はタニグチのマフラーに合わせて切れ込みがちゃんと追加されている。

ns_jim10

新たに加わったジムニーJB43のコンプリートモデル“上州仕様”。きめの細かいセッティングやフォルム…。その佇まいには、思わず振り向いてしまいたくなるような主張が感じられる。

エヌズ・リミテッドに新たに4シリーズ追加されたハスラー“OFF ROAD STYLE 30mmアップ”バージョン。

エヌズ・リミテッドに新たに4シリーズ追加されたハスラー“OFF ROAD STYLE 30mmアップ”バージョン。

ns_jim08_25

ハスラーの純正タイヤは160/65R15。これを175/65R14のADVAN A031ラリー用タイヤに交換している。サイズスペックから計算すると幅が15mmほど太くなるほか、外径も4〜5mmほど大きくなるはずだ。アルミホイールはレアマイスターのブランドルライン BLACK SERIES AGLIANICOの14インチ。

ns_jim06_24

エヌズステージオリジナルのオフロードスタイルバンパー。純正の樹脂バンパーを貫通させる形で「モノコックボディーの強度のある部位」に装着してあるという。スキッドプレート風のパーツはアルミ製。チューブバンパーと合わせ「らしい」スタイルを作り出している。フォグランプなどを追加すると楽しいかもしれない。

ハスラーのサスは前がストラット、後ろがリジッド。30mmアップ仕様では、ダンパーは純正のまま、コイルスプリンがロング化され、リアのラテラルロッドが調整式のものに交換される。これにより腹下の対地クリアランスが増すので、河原などをトコトコ走らせる際は安心感が増すだろう。

ハスラーのサスは前がストラット、後ろがリジッド。30mmアップ仕様では、ダンパーは純正のまま、コイルスプリンがロング化され、リアのラテラルロッドが調整式のものに交換される。これにより腹下の対地クリアランスが増すので、河原などをトコトコ走らせる際は安心感が増すだろう。

Ns_hus01

この取材後間もなく、この4インチアップハスラーも“N’s Limited”に仲間入りを果たすこととなった。ハスラーコンプリートモデルも今後さらに充実していきそうだ。

Ns_huso02

30mmアップと4インチアップハスラーの車高差は歴然だ。N’s Limitedハスラーのラインナップも充実して来たため、ユーザー好みのコンプリートモデルを選ぶことが容易となった。そしてもう一つ、ジムニー同様、リミテッドをベースに、さらにオリジナリティを求めた“自分仕様”の部品選びも歓迎だ。懐の深さも嬉しい。